2018年10月14日 (日)

恵比寿教室練習日記(2018年10月12日)

10月12日(金)の恵比寿教室練習日記です。
参加者は推定13名でした。

私は後半の1時間だけ参加しました。当日の教室では、新しい套路を覚えるより、形意拳の猴形や鷹熊形の細かな動きの確認のほか、劈拳を打つときの脚の状態や、八卦掌の身体のねじりなどの細かなポイントを先生と一緒に各人が見直している印象でした。脇で見ているだけでも大変勉強になりました。

特に劈拳のポイントは私は何度か聞いているはずなのですが、今回はかなり納得感を覚えました。知識として知っていても、身体や姿勢(三体式)があまりできていなかったり、動作の他の構成要素に気を取られているうちは、重要なポイントもなかなか頭に入らないというか、身体になじませるに至らないようです。
納得感が出てきたということは、少しは動きで表現できるめどが立ってきたのかどうか…。とりあえずこのポイントを頭に入れ、改めて練習あるのみです。

■形意拳が登場するアニメ番組
上記の稽古日記とまったく関係ないですが、形意拳つながりの話題ということで…。
先週から「からくりサーカス」というアニメ番組が放映されています。この作品の主人公の一人「加藤 鳴海」は世間一般では大変珍しい(?)「形意拳の使い手」という設定で、原作の漫画では、鳴海の師匠が崩拳で強敵を破るシーンや、劈拳の教えが重要な役割を果たすシーンがある程です。
原作漫画はかなり長く、アニメ化に際し多くのシーンがカットされると思われるため、上記シーンや、そもそも形意拳という単語自体が登場するかは不明ですが。

ちなみに、原作漫画の作者、藤田和日郎氏は形意拳を学ばれた(当教室とは別の門派ですが)経験があり、孫禄堂先生の師にあたる郭雲深先生の逸話をもとにした短編漫画も描かれています。
「からくりサーカス」アニメ化をきっかけに形意拳や中国武術に興味を持ち、当会のHPやブログまで辿り着く方がおられるか分かりませんが、当会も伝統的な形意拳が学べる場の1つということで、興味のきっかけを問わず、見学や入会は随時受け付けております。

アニメにせよ漫画にせよ映画にせよ、形意拳が僅かでも武術関係者以外の注目を浴びる機会は滅多になさそうなので、雑談兼プチ宣伝でした。

<<K野>>

2018年10月10日 (水)

恵比寿教室練習日記(2018年10月5日)

先週10月5日(金)の恵比寿教室練習日記です。
当日は先生がお休みだったため、会員のみの自主練となりました。当日、都内の多くの鉄道が様々なトラブルで連鎖的にダウンしたこともあってか、参加者は約10名でした。

全体としては、助教の方々が主に太極拳、八卦掌を見つつ、私を含めた残り何名かが形意拳などを練習、という流れでした。私は先生に先日ご指摘を受けた「套路の各動作で視線をきっちり定める」点に主に注意し、できるだけ丁寧に套路を練習しました。視線があいまいだと全般的にもっさりした動作になってしまうようです。

■35周年表演会の動画を見て
ちなみに、当日丁寧に練習したい気分になったのは、先日の35周年表演会を録画した動画が会員に共有され、それに刺激を受けた(…というか、自分の動きを見てショックを受けた)こともあります。

自分の表演動画を見て特に衝撃だったのが、ある動作の注意点を記憶し、注意点を守って動いているつもりでも、動画でその様子を見ると、しばしば想像と違う動きや姿勢になっている点です。自分の動作イメージと現実の動作には、時に思いのほかギャップがあるようです。
私の場合、腰をまっすぐ落としているつもりがお辞儀のように大分前傾していたり、地面と平行にしているはずの足の角度が想像より傾いていたり、思いのほか引き手が外に開きすぎていた…などが一部の套路でありました。こういった点が客観的にわかるのは映像の力ですね。

一方、自分の動きの課題ばかり見ていると暗い気持ちになってくるので、自分の成長度などのポジティブな面にも目を向けてみました(思うに、「新しい套路を覚えた」ことも1つの成長といえるかと…)。その視点で見ると、自分の映像を見てとても残念な気分になった30周年の表演と比べれば、姿勢や動作の一致度は少しはましになったかな…とも多少は思えたので、課題をふまえつつも、それを励みにまた稽古に取り組みたいところです。

<<K野>>

2018年10月 8日 (月)

武器研究会(2018年11月・12月)

2018年11月・12月 武器研究会の日程は以下の通りです。

今回から新たに参加をご希望の方は、事前に後藤先生へご連絡ください。

■日時:11月17日(土) 18時30分〜21時

    12月 8日(土)   18時30分〜21時

 

■会場:大崎第一区民集会所 第一、第二集会室

 住所:〒141-0031  東京都品川区西五反田3丁目6-3

 交通:JR 山手線 五反田駅 徒歩10分

    東急池上線 五反田駅 徒歩10分

    都営浅草線 五反田駅 徒歩10分

    JR山手線 五反田駅 徒歩10分

    東急目黒線 目黒駅 徒歩10分

    東急目黒線 不動前駅 徒歩5分

            サイトはこちらです

 

お問合わせや見学のご連絡は sonkaken@gmail.com までお願い

いたします。

なお、練習会場は当団体と関係ありませんので、練習会場への

お問合わせはご遠慮ください。

2018年10月 5日 (金)

創立35周年記念表演会

9月23日(日)の一日練習会および日本孫氏太極拳研究会創立35周年記念表演会について、山本さんがすでにこのブログに書いてくれています。

補足の意味で少し書いてみます。

1983年10月、北京孫式太極拳研究会が創立され、それを受けて同年12月5日付で日本孫式太極拳研究会を発足させました。

孫剣雲老師を日本に招聘したのは、その2年後の1985年、後藤が孫剣雲老師に拝師したのがその翌年です。

それから、細々とではありますが研究会を続けてこられたことは感慨深いものがあります。
5年前には創立30周年記念交流会も開催できました。

これらはみな会員の皆さんの努力の結果と、嬉しく思っています。

今回の表演会は、昨年4月の合宿時に「35周年と孫剣雲老師没後15周年記念を兼ねて表演会をやろうか」と後藤が言い出し、その場で実行委員会を作って準備を始めてもらいました。もっと言うと、孫禄堂先生没後85周年でもあります。

今回のコンセプトは、皆さんに人前で平常心を保って表演してもらうこと、できるだけ多くの会員に経験してもらうことでした。

30周年では負担が多きかったことから、今回は内輪の大会としました。

実行委員の方々と、お手伝いしていただいた会員、参加した会員の方々のおかげで、とても良い表演会になったと思います。

外部の団体は招待しませんでしたが、私のお友達やその一門の方々がお出でくださって、いっそう皆さんの励みになったのではないかと思います。
ありがとうございました。

皆さん、それぞれ思うところがあったと思います。
大事なことは、平常心を保って表演できたか、他の人の表演をきちんと観て自分の参考にできたか、自分の表演の動画も観て、検証することです。

私も皆さんの表演をまとめて観る機会は多くないので、たいへん参考になりました。これからの稽古で、おいおい反映していきたいと思います。

最後に弟子の方々からの贈り物があったのはとても驚きましたが、嬉しいことでした。

今年は私の師兄たちの来日もあり、何かのきっかけになりそうな年だったと思います(まだ4分の1ありますが)。

これからも皆さん(もちろん私も)精進していきましょう!

Dscf1340

2018年10月 1日 (月)

恵比寿教室練習日記(2018年9月28日)

形意拳 鶏形をサンプルにして、後藤先生から。

「形意拳は必ず右手と左手がシンクロして動く。右手が動くときは左手も動くのであって、一方の手が動いているのにもう片方の手が何もしないで遊んでいる事は無い。鶏形で言えば、右腕を絞るときは左腕も絞る、右手が翻る時は左手も翻る。」

「一方の足を軸足にしてもう一方の足を寄せる時は、曖昧にやらないで必ずしっかり寄せて、ちゃんと止める。なんとなく寄せて、なんとなく止まってるみたいな事はやらない。」

「転身動作の時に、テレフォンパンチみたいな動きになってはいけない。反動をつけて溜めるような動きにならないで、ピッと動く。」

(山本)

«日本孫氏太極拳研究会設立35周年表演会 兼一日練習会

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ