2018年6月16日 (土)

自主練習日記(2018年6月16日)

2018年6月16日(土)立石地区センター別館にて

とりあえずそろって太極拳遠し、練習開始です。
なんとなく前回ブログの内容が話題になり、題材になりました。劈の動作を繰り返す動作で股関節の使い方を練習したのは先日と同じです。先生にも見て頂き、上下動を抑制し、ゆっくり小さな動作でも同じ動きが出来るように指導されます。気がついたら三体式になっていました。
やっぱり三体式は極意です。

股関節が正しく使えると筋肉の使い方も変わるようです。先生の指導で。Y本さんの三体式の立ち姿が変わったように見えたのが印象的でした。

先生の補助を頂いて打っていると、一応OKが出ました。フッ、また一つ極意に近づいてしまった・・・・厨二ごっこで和めるのは良いのですが、先生補助がないと再現しない。まあ、使い物にならないということですね。先は長いです。

本日は、Y本さんと2人で先生の指導を受けるというとても贅沢な時間でした。
T田

2018年6月 9日 (土)

かつしか教室練習日記(2018年6月7日)

2018年6月7日(木)葛飾教室での練習日誌です。
いつもよりちょっと早めに着くことが出来ました。太極拳のトウロから参加です、その後三体式、ばらけて練習といつもの流れで進行します。

私は思い付きで太極拳を活歩でやってみましたが・・・まあ、しっくりこない感じです。切り口としては考えることもありそうなので少し研究してみようと思います。

形意拳では、劈拳の打ち下ろし部分をその場で何度も繰り返す発勁練習がテーマになりました。先生がいらっしゃり指導が始まりましたので、私も便乗させて頂きました。この練習方法は先生が兄弟子から教わったとの事で、その兄弟子の方は何度も何度もひたすらこの動作を繰り返していらっしゃったそうです。ポイントは股関節。

太極拳でも股関節の使い方がテーマになり先生を中心に皆が集まりました。できていれば押されても崩れない。このあたりをきっちり教えて頂けるのはありがたいです。

この股関節の使い方を剣雲先生はどのような表現で指導されたか教えて頂きました。私には剣雲先生の表現がぴったり来ます。すでにいろんなところに出ている情報と思いますが、自分的に秘伝認定です。

T田

2018年5月27日 (日)

恵比寿教室(2018年8月)

2018年8月の
恵比寿教室は以下の通りです。 宜しくお願い致します。
 
8/03(金):第1体育室
8/10(金):第1体育室
8/17(金):第1体育室
8/24(金):第1体育室
8/31(金):第2体育室
 
時間:18時30分前後~21時(入場は18時より。終了時は会場都合で20時45分ぐらいから撤収作業に入ります)
場所:恵比寿社会教育館(サイトはこちらです)
住所:恵比寿2-27-18 (郵便番号:150-0013)
交通:ハチ公バス(夕やけこやけルート)「恵比寿社会教育館」すぐ
交通:都バス[田87]系統「恵比寿二丁目」徒歩1分
交通:JR「恵比寿駅」15分、地下鉄日比谷線「恵比寿駅」「広尾駅」徒歩15分
お問合せや見学のご連絡は sonkaken@gmail.com までお願いいたします。
なお、各練習会場は当団体とは関係ありませんので、練習会場への電話などのお問合せはご遠慮ください

2018年5月21日 (月)

武器研究会(2018年7月)

2018年7月の武器研究会の日程は以下の通りです。


今回から新たに参加をご希望の方は、事前に後藤先生へご連絡ください。

■日時:7日21日(土)18時30分~21時

■会場:大崎第一区民集会所 第一、第二集会室

 住所:〒141-0031  東京都品川区西五反田3丁目6-3

 交通:JR 山手線 五反田駅 徒歩10分

    東急池上線 五反田駅 徒歩10分

    都営浅草線 五反田駅 徒歩10分

    JR山手線 五反田駅 徒歩10分

    東急目黒線 目黒駅 徒歩10分

    東急目黒線 不動前駅 徒歩5分

            サイトはこちらです

 

お問合わせや見学のご連絡は sonkaken@gmail.com までお願いいたします。

なお、練習会場は当団体と関係ありませんので、練習会場へのお問合わせはご遠慮ください。

恵比寿教室練習日記(2018年5月18日)

先週5月18日(金)の恵比寿教室練習日記です。
当日の参加者は15名となかなか盛況でした。
私は比較的早めに到着し、久々に全員での太極拳から参加しました。

先輩方のアドバイスもあり、最近は三体式をやる時、低めの姿勢を意識しているのですが、姿勢が低くても、手の位置が若干横にずれていたり、前脚が少し伸びているだけで途端に構造が弱くなることを今回の三体式練習で改めて認識しました。私の場合、姿勢を低くすることで逆に意識が薄れ気味になる部位もあるようで、日々再調整が必要そうです。

その後しばらく、他の方からの太極拳の質問に答えたり、当ブログについてのご意見を聞いたり、普段と若干異なる過ごし方をしました。太極拳について質問に答えようと四苦八苦する中では、普段自分がアバウトに動いている部分も明らかになりました。説明せざるを得ない状況だと、ふだんの自分の無意識の動きを言語化したり、わかってもらおうとして色々例えや意味を考えたりするので、(自分の答えが正しいかは別として)質問に答えようとすること自体は練習になるようです。

更にその後、何名かの方に、安身炮、推手などの対練の相手をしていただきました。安身炮は手順を一通り覚えたはずなのですが、その分、似たような動作が出てきたときに瞬間的に意識を失って甲乙逆の動きをしたりするので、まだ危険なようです。ここは、数をこなせば何とかなるのではないかと思っています。多分…。

最後に、最近あまりやっていなかった十二形の燕をやったところ、色々誤って手順を記憶していたことが判明し、冷や汗をかきつつ修正を試みました。私の場合、当初ちゃんと覚えていたものを忘れた…というより、そもそも最初に手順を覚えた(と思った)時は套路の大体の手順だけが記憶され、動きの細かな部分は意識できておらず、それらの部分が時を経るとアバウトになりがちなのだろうか、等と思ったりしました。
動作の忘却傾向は、套路の動作を記憶する時、人によって得意または習慣としている覚え方(映像として記憶する、たとえで覚える、体感で覚える…など)の影響もなどあるのだろうか?等ともふと思いましたが、どんな覚え方をするにせよ、練習あるのみですね。

<<K野>>

«練習日記(武器研究会 2018年5月12日)

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ