2019年1月 8日 (火)

恵比寿教室練習日記(2019年1月4日)

先週1月4日(金)の恵比寿教室日記です。
前日の葛飾教室はお休みだったので、当日は恵比寿教室のみならず、会全体の稽古始めでした。
ただ、先週の稽古(稽古納め)から休みの週を挟んでいないこともあってか、参加者は先生含め12名とそこそこでした。

私は年始で早めに到着したので、全員での太極拳タイムから参加しました。年末年始は体調を崩し気味だったので、適度に休みつつ、自由稽古になってからの前半は軽めに五行拳などをやりました。中盤は外部の講座で学んだ内容を参考に、先生やほかの方々と太極拳の崩しのような練習をしました。後半は他の方々と安身炮を稽古しました。

安身炮の動作手順は一通り覚えましたが、改めて先生の説明をうかがい、「甲が乙の肘関節を押さえたままにすると乙の次の動作で腕が極められてしまうので、甲は乙が肘を曲げ始めたら押さえるのはやめて次の掌打を打たざるを得ない」…といった結構細かいこの套路の攻防の流れがいまいち再現できていないことも分かり、勉強になりました。

■最近の三体式
三体式は日々稽古していますが、例によって、1つが改善すると1つまた別の課題が出現するようで、試行錯誤の連続です。今回の指摘事項であり、最近個人的な問題意識としてもにわかに浮上しているのが胸の緊張です。
あくまで個人の主観ですが、胸が緊張していると、なんとなく窮屈というか健康に良くない感じがしており、また、劈拳などを打つときも途中で動きが途切れて威力がかなり減衰する…ような気がしています。

私の場合、何も意識しないと、猫背になったりみぞおちをすぼめたりしがちなので、三体式では「胸を張るくらいの意識」が必要となりますが、かといって、実際に胸を張って緊張するのはNGなので、「胸を含む」意識も多少残しつつ、うまいことバランスを取らねばならないようです。
先生からは胸部と背面を両方流すようにしたらどうか…というアドバイスをいただいたので、それらもヒントに探索しようと思います。

そんなこんなで、年始から色々稽古課題が発見されていますが、適度なリラックスを模索しつつ今年も稽古に励みたいと思います。

<<K野>>

2019年1月 5日 (土)

新年のご挨拶

2019_2 明けましておめでとうございます!

 後藤英二です。
 昨年は当研究会創立35周年でした。実行委員会はじめ会員の皆さんの力で、内輪ではありましたが発表会を催しました。それぞれが自分の武術を見直す契機となったのではないかと思います。

 私もふだん見慣れている会員の進歩に気付いたり、中でも長足の進歩を遂げている会員もいることに驚きました。この調子で研鑽を続けてほしいと思います。
 実行委員の皆さんには改めて感謝します。お疲れ様でした。

 秋には私の師兄たちや師甥と会う機会を持ち交流できたのも特筆すべきことと思います。皆さんにも刺激になったのではないでしょうか。またカリフォルニアの同門の方が訪ねてくれたのも嬉しいことでした。これを機に対外的な交流も増やしていきたいと思います。特に北京孫氏太極拳研究会(劉樹春会長)との交流は増えそうです。

 皆さんもそれに備えて、中国語や英語を学んではいかがでしょうか。


 さて私個人の事では、5月で孫氏太極拳を始めて40年、10月で最初に太極拳(簡化二十四式でした)を始めて45年になります。早いものだなあとつくづく思います。
 武術はとても面白い。3年の稽古では3年の、45年の稽古では45年の面白さがあります。今も工夫と発見の日々です。皆さんも是非それぞれの段階での面白さを味わってください。

 これからの皆さんの精進に期待します。今年も良い年になりますように。


      私、後藤は都合により1月17・18・24・25日の教室を休ませて
      いただきます。
      教練、助教の方々は後進の指導をお願いします。先輩は後輩の面倒を見
      てあげてください。よろしくお願いします。

2019年1月 4日 (金)

かつしか教室(2019年2月・3月)

かつしか教室の2019年2月・3月の稽古日程は以下の通りです。
よろしくお願いします。 <後藤>
 
2/07(木)男女平等推進センター・多目的ホール
2/14(木)男女平等推進センター・多目的ホール
2/21(木)男女平等推進センター・多目的ホール
2/28(木) 青戸地区センター・会議室(大)

3/07(木)男女平等推進センター・多目的ホール
3/14(木)男女平等推進センター・多目的ホール
3/21(木)  祝日につきお休み
3/28(木)男女平等推進センター・多目的ホール
時間 18:30~20:45
 
お問合せや見学のご連絡は sonkaken@gmail.com までお願いいたします。
なお、各練習会場は当団体とは関係ありませんので、練習会場への電話などのお問合せはご遠慮ください。
 
■男女平等推進センター(サイトはこちらです)
住所:〒124-0012 東京都葛飾区立石5-27-1 
交通:京成電鉄 お花茶屋駅 徒歩8分
           立石駅 徒歩10分
               青砥駅 徒歩13分

     他に都バス、京成バス(サイト参照)

■青戸地区センター(サイトはこちらです)

住所:〒124-0012 東京都葛飾区立石5-27-1 
交通:京成電鉄 京成青砥駅下車 徒歩10分

     他に京成バス(サイト参照)

2018年12月29日 (土)

恵比寿教室練習日記(2018年12月28日)

2018年最後の練習会です。

冷え込みの厳しい日でしたが、多くの会員で賑わいました。

私も仕事納めで珍しく定時で上がれましたので、練習会のスタートから参加することが出来ました。

この日は助教のKさんのご指名で、後藤先生が来られるまでの間に他の皆さんの三体式の姿勢を直させていただきました。終了後に他の会員の方から、姿勢を直す時にどこをチェックするポイントにしているのかという質問がありましたので、簡単に列記します。

・前傾または後傾していないか

・腰が反っていないか

・地面に着いている足の幅が広すぎたり狭すぎて交差したりしていないか

・胯がしっかり引き込まれているか

・前足が伸びていないか、膝がちゃんと前に張っているか

・体の重心が軸足側に偏っていないか

・前に出した手に意識が強く行って、腹部に添えた側の手が置いているだけになっていないか

・肩が上がったり、肘が外に張ったりしていないか

・視線が下がっていないか、頭部が前後左右に傾いでいないか

……並べただけで結構出てきました。

他の幾つかと合わせて、ここから更にその人のバランスに合わせて微調整をするのですが、私だとこれはなかなかうまくいきません。後藤先生にそっと手を添えられただけで力がすっと通ったような経験をされた方は少なくないと思うのですが、あれをなんとか習得したいところです。

最近は推手をやる方も増え、この日もあちこちで推手を楽しむ姿を見ることが出来ました。

この日は助教のOさんが推手をやる上での基本的な考え方を説明しておられ、私も横で聞いていて大変勉強させていただきました。普段手を合わせることは多くてもあまり細かい話までしないので、「なるほどアレはこれでやられたのか…」などと思いながら聞いていました。

Oさんがああいう説明を細かくするのもなかなか珍しい事で、私にとってはちょっとしたサプライズプレゼントでした。

今年も一年事故もなく練習を終える事が出来ました。

後藤先生の師兄の劉老師が来てくださったり35周年の記念行事があったりと色々な事がありましたが、来年もまた頑張って練拳しましょう。

皆様よいお年を。

(山本)

2018年12月24日 (月)

武器研究会(2019年2月)

2019年 2月 武器研究会の日程は以下の通りです。
  ★ 1月はお休みです。

今回から新たに参加をご希望の方は、事前に後藤先生へご連絡ください。

■日時:2月23日(土) 18時30分〜21時

■会場:大崎第一区民集会所 第一、第二集会室

 住所:〒141-0031  東京都品川区西五反田3丁目6-3

 交通:JR 山手線 五反田駅 徒歩10分

    東急池上線 五反田駅 徒歩10分

    都営浅草線 五反田駅 徒歩10分

    JR山手線 五反田駅 徒歩10分

    東急目黒線 目黒駅 徒歩10分

    東急目黒線 不動前駅 徒歩5分

            サイトはこちらです

 

お問合わせや見学のご連絡は sonkaken@gmail.com までお願い

いたします。

なお、練習会場は当団体と関係ありませんので、練習会場への

お問合わせはご遠慮ください。

«2018年12月8日武器研究会

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ