« 恵比寿教室練習日記(2017年8月25日) | トップページ | 恵比寿教室(2017年10月、11月) »

2017年8月30日 (水)

拝師について

日本孫氏太極拳研究会会員の皆さん、こんにちは。後藤英二です。

この度「拝師制度を採用する」と決めたことは、教室にお出での皆さんはご承知のとおりです。

しかし、なかなか教室にいらっしゃれない会員の方には伝わっていないでしょうし、

知ってはいても内容がよく分からない方もいるでしょう。

そこで、少し私の考えを述べてみようと思います。

今までは、拝師は特に考えていませんでした。特に必要を感じなかったためです。

孫剣雲老師もだいぶ後になって(たぶん学生の要望によって)拝師式をするようになったと思います。

昨年の合宿の際に、皆さんから「拝師があった方が良いのでは」という意見があり議論しました。

いろいろな意見を汲んでその後一年余り考えて、拝師制度採用に至りました。

理由を挙げれば、以下のようになるだろうと思います。

(1) 武術文化の一つとして、継承する価値があるだろうということ

(2) 徒弟(弟子)になれば、より意識が高まるであろうこと

(3) 外部から見て、孫家拳の伝承について明確になるであろうこと

それから、徒弟になる資格と言うか、私の希望は以下のとおりです。

(1) 後藤英二を師とすること(当たり前ですが)

(2) 孫家拳を正しく学び、伝承していく気持ちがあること

(3) 私との師弟関係を公にしても問題ないこと

(4) 会員としてある程度孫家拳の稽古を続けた方で、希望する場合は私に伝えてください。可否の判断は私がします

日本孫氏太極拳研究会の会員の資格とは、また別の物になります。

組織ではなく、疑似家族という感じに近いかもしれません。よりプライベートな感覚でしょうか。

一方、今までと何が変わるかと言うと、あまり明確ではないかもしれません。

皆さんそれぞれの考えがあって徒弟になることを希望したりしなかったりするだろうと思いますが、

例えば徒弟にしか教えない事ができるとか、そんなことはあまりありそうにないことです。

ただ実際に徒弟ができたのちに、私の気持ちがどうにか変化しないとも限りませんが。

拝師について、皆さん各々の考え、イメージがあって、私の考えとずれているかもしれません。

疑問点などは、私に話してください。

今年中には、できれば秋には最初の拝師式をしたいと思っています。

拝師式は一回限りということではありません。

今回見送っても、機会はまたあるでしょう(たぶん)。

今回希望する方は、できるだけ早めに(9月下旬メド)後藤に申し出てください。

分からないことは直接でもメールでも良いので、質問してください。

以上よろしくお願いします。

« 恵比寿教室練習日記(2017年8月25日) | トップページ | 恵比寿教室(2017年10月、11月) »

2.お知らせ」カテゴリの記事

5.後藤先生のブログ」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ