« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月26日 (火)

恵比寿教室練習日記(2017年9月22日)

9月22日(金)の恵比寿教室日記です。
当日夜は豪雨に見舞われ、地下の会場でも練習中は終始雨音が響いている程でしたが、悪天候ながら、最終的に10名ほどの方が参加しました。

私は今回は冒頭の太極拳パートから早めに参加できました。しかし当日は風邪気味で若干弱っており、せっかくの機会がフルに活かせず少し残念でした。まあそういう日もあるということで、適度に休みながら稽古しました。

形意拳の一部の套路は若干体力的に厳しかったのでやりませんでしたが、何だかんだで推手や生剋拳は割と無理なく対応しました。無理は禁物でありますが、今の体調の自分がどのくらいの動きなら無理なくやれそうかを把握するのも稽古の一部…のような気もします。

ややぼんやりしていたので、周囲をあまり見ていませんでしたが、この日は特定の拳種を多くの方が集中的にやる、というより、皆がそれぞれ思い思いの套路をやったり、自然な姿勢での崩しの用法例の紹介が先生の周りで行われたりしていたようです。

私も、この日は、聞いたはずなのに実は良く分かっていなかった「虎抱頭」について先生に質問しました。「虎抱頭」は「太極式」の構えのこつの1つというところですが、説明をうかがって、自分がかなりあいまいにやっていたことが判明したので、今後はここも意識を集中して練習したいところです。

<<K野>>

2017年9月13日 (水)

かつしか教室(2017年10月~11月)

かつしか教室の2017年10月11月の稽古日程は以下の通りです。
よろしくお願いします。 <後藤>

10/05(木)新小岩地区センター・会議室(大)
         (新小岩地区センターではありません。ご注意を!)
10/12(木)男女平等推進センター・多目的ホール
10/19(木)男女平等推進センター・多目的ホール
10/26(木)男女平等推進センター・多目的ホール

11/02(木)男女平等推進センター・多目的ホール
11/09(木)男女平等推進センター・多目的ホール
11/16(木)男女平等推進センター・多目的ホール
11/23(木)  祝日につきお休み
11/30(木)男女平等推進センター・多目的ホール

時間 18:30~20:45

お問合せや見学のご連絡は sonkaken@gmail.com までお願いいたします。
なお、各練習会場は当団体とは関係ありませんので、練習会場への電話などのお問合せはご遠慮ください。

■新小岩北地区センター(サイトはこちらです)

住所:〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩6-21-1 
交通:JR新小岩駅北口下車 徒歩10分
   京成タウンバス 新小岩駅北口~亀有駅
     東新小岩五丁目下車 徒歩2分
     上平井中学校下車 徒歩2分

■男女平等推進センター(サイトはこちらです)

住所:〒124-0012 東京都葛飾区立石5-27-1 
交通:京成電鉄 お花茶屋駅 徒歩8分
        立石駅 徒歩10分
            青砥駅 徒歩13分
   他に都バス、京成バス(サイト参照)

2017年9月10日 (日)

自主練習日誌(2017年9月9日)

今日は東四つ木地区センターで自主練です。
初めての場所ですが、いつものように太極拳から。なかなか集中できず時間が長く感じられます。午前中3時間部屋を予約したので、太極拳には1時間弱を割り当てました。
孫式では動作のどこをとっても三体式になるように、と教わります。三体式は形意拳の練功ですが太極拳に適応しても違和感ありません。動作の区切りで身体各部をチェック。動作の途中もきちんと整っているか連続的に追いますが、追い付かない場合は動作を止めてチェック、チェックの基準に三体式を置きます。太極拳で体の動かし方を工夫することは、套路で要求される動作各部での自分の体の状態を観察することと不可分のように思えます。
三体式です。siriに頼んでタイマー15分。塌腰、縮肩を最初に確認。股関節を折り込んで細かい調整を繰り返します。先生は三体式を日本で一番詳細に教えていらっしゃるのではないかと思っています。手掛かりは十分なはずなのですが、自身で再現するのはまだまだです。
形意拳。ピーを15分ぐらい打った後、他の五行拳、十二形の数本を練習します。サラッと通しただけですが、少し疲れたので気分転換、久しぶりに魔方陣を歩いてみました。1から9までの数字を魔方陣の配置で会場に設定し、1→9の順に、9にたどり着いたら、9→1の順に歩くというものですが、配置を思い出しながらなので、プチパズル感覚です。違う頭の使い方をして、バランスが取れたのでしょうか、すっきりした案じです。
残り1時間は、八卦掌。定歩で2回通した後、活歩、八卦剣という流れで練習しました。

立石地区センターは10月から保守に入ってしまい使えません。今日は下見のつもりで東四つ木地区センターにやってきました
広さは立石60平方メートルに対し、70平方メートル、料金も同等です。場所は四ツ木駅から徒歩10分、会場の天井はやや低く、あまり派手に武器を振り回すと支障があるかもしれませんが、数人での練習には十分な広さがあります。机は収納されているので特別な準備が必要ない点も使いやすいです。
四ツ木駅へのアクセスに問題ない人でしたら、代替として使えそうに思えました。T田

2017年9月 3日 (日)

葛飾教室練習日誌(2017年8月31日)

最初から練習に参加できました。メンバーがそろうまでの間、とりあえず一人で太極拳を1回、人数がそろったところで皆で2回通し、その後いつものように三体式を15分、バラけて個人練習と続きます。

私は形意拳から入りました。練習の様子をご覧になっていた先生に、鑚拳で前方の拳の初動段階での動き方を指摘して頂きました。わずかな動きで、私も当初出来ていたと思うのですが、いろいろひねっているうちにやめてしまっていた動きです。お聞ききすると、先生も当初意識しておらず奥様が剣雲先生に細かく指導を受けるのを見て自覚されたそうです。ちょっとした動きは一旦出来たとしても、何かきっかけがないとなかなか自覚しにくいと思いました。

今日は手首の使い方がいくつか話題になりました。劈拳などでいわゆる手首がこねてしまうパターンがあります。幸い私はブレにくいタイプなのですが、実は手首が固く動けないだけです。工夫も無い・・・。関節の自由度は個人差が大きいので、個人個人が良く考えてあたらないといけない事項のように思えます。ひざや肘も可動域には結構個人差がありますので、特に他人より動ける人は注意が必要かもしれません。手首の固さは足首の堅さと連動している感じがります。骨の長さに対する筋肉と腱の長さは手足で相関してい手も不思議はありません。事実、手首の固い私は足首も固いタイプです。そんな話の流れから、先生に壁に向かい壁に爪先をつけた状態でそのまましゃがみ込む様子を見せていただきました。こういう動きはいくら太極拳に励んでも私にはできそうにないように思えます。

ちょっと自分では出来そうにない動きを見せて頂いて感じたのは、自分の中で再現が難しと判断した動きは、あまり再現したいとも思わないということです。苦手な要素はそのままになりがち、普通の技を教わるときに重要な要素でこういう抜けがないか、よく気を付ける必要があると思いました。

本日の参加人数は、総勢5名でした。T田

恵比寿教室(2017年10月、11月)

10月、11月の恵比寿教室は以下の通りです。 宜しくお願い致します。
10/06(金):第1体育室
10/13(金):第1体育室
10/20(金):第1体育室
10/27(金):第1体育室

11/03(金):展示室 ※祝日のため自主練習日
11/10(金):音楽室
11/17(金):音楽室
11/24(金):第1体育室

時間:18時30分前後~21時(入場は18時より。終了時は会場都合で20時45分ぐらいから撤収作業に入ります)
場所:恵比寿社会教育館(サイトはこちらです)
住所:恵比寿2-27-18 (郵便番号:150-0013)
交通:ハチ公バス(夕やけこやけルート)「恵比寿社会教育館」すぐ
交通:都バス[田87]系統「恵比寿二丁目」徒歩1分
交通:JR「恵比寿駅」15分、地下鉄日比谷線「恵比寿駅」「広尾駅」徒歩15分
お問合せや見学のご連絡は sonkaken@gmail.com までお願いいたします。
なお、各練習会場は当団体とは関係ありませんので、練習会場への電話などのお問合せはご遠慮ください

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ