« 会員の田辺さんの太極拳教室 | トップページ | 武器研究会(2018年6月) »

2018年4月22日 (日)

かつしか教室練習日記(2018年4月19日)

かつしか教室、いつもの解消が確保できなかったとの事で、青戸地区センターでした。
ありがちなのですが、間違っていつもの会場に行ってしまい慌てて移動しました。まあ、なんとか太極拳の塘路には参加することが出来たので、良しとしましょう。

太極拳、三体式の後はいつものようにばらけて練習になります。
会場が違うと、何となくやることも変わってきます。普段かつしか教室はバラバラに練習する人が多いのですが、今日は先生が教えていらっしゃるところに人が集まってくる流れになりました。最初は太極拳の搂膝拗步での押し方を習っていたようですが、いつの間にか会場のほとんどが寄ってきて皆で習う形式に。他の人が教わっているところを外から見て問題点や改選方法を探すのも良い勉強になります。
押したときに反動で自分の体勢が崩れる問題の説明として、蹬脚を指導して頂きました。補助で足を押さえて頂き、実際に蹴りこむのですが、軸足の股が伸びてしまうと力が逃げてしまうことがよく理解できます。先生が蹴る様子も見せて頂きましたが、凶悪な感じで、ぐちゃっと蹴りつぶされてしまうのが容易に想像できる勢いです。発するのが足なら蹴りですが、手で打ってもやり方は同じ、と劈拳を例に。いつの間にか説明は形意拳になっていました。創始者の異なる三種類の拳法が、何の違和感もなく相互に勉強できるのは、孫家家の良いところだと思います。
今日の参加者は、先生含めて5人でした。T田

« 会員の田辺さんの太極拳教室 | トップページ | 武器研究会(2018年6月) »

6.練習日記」カテゴリの記事

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ