« 武器研究会(2018年10月) | トップページ | 恵比寿教室練習日記(2018年8月24日) »

2018年8月25日 (土)

常松勝老師帰国40周年祝賀会の報告

皆さん、こんにちは。後藤英二です。
『常松勝老師帰国40周年祝賀会』が、2018年8月11日(土・祝)に江戸川区総合文化センターで催されました。

日本人&日本在住の来賓の方々、中日太極名家交流対話会代表団の先生方がいらっしゃって、たいへん素晴らしい祝賀会でした。
私、後藤もご招待にあずかりお祝いさせていただきました。

日中武術交流協会の先生方、来賓の先生方の表演は武術に止まらず、楽器演奏、歌、マジック、京劇など、常松先生の人脈の広さを感じさせました。

予定にはなかったのですが、中国からの先生方の飛び入り表演もあり、これも予定になかった常松先生の散打表演が拝見できて、眼福でありました。

また最後の常松先生のご挨拶では、感極まって涙され、高弟の方も「先生の涙は初めて見た」と驚いていらっしゃいました。

常松先生と言えば、日本の中国武術の発展にご尽力され、無くてはならない存在です。
今後も常松勝先生のご健勝と、日中武術交流協会のご発展をお祈りいたします。


Img_20180811_1908011 常松先生の高弟・新井亘先生と

Img_20180811_1829541 老朋友・根本一己先生と


さて今回図らずも、「中日太極名家交流対話会代表団の」の中に、孫家門の先生がお二人いらしゃいました。

張茂清先生は私の兄弟弟子で、年齢的には彼が上、入門は私が先です。孫剣雲老師のご自宅で2~3回お会いして、一緒に稽古したことがあります。天津の方です。

李斌先生は孫叔容老師のお弟子さんで、1984年、12歳の時から師事しているとのことです。系譜で言えば私が叔父という関係になります。まだお若いですが、国際孫禄堂武学連合会主席、深圳市武術協会副主席などを務めています。

プログラムで私の名前を見たと言って、舞台袖で表演の出番を待っているときに、わざわざ探しに来てくれました。
張茂清先生とは15年ぶり、李斌先生とは初対面でしたが、親しくお話しさせていただきました。久々の中国語シャワーで嬉しくも疲れたひと時でした。

孫剣雲老師が亡くなってから、あまり同門の方々との交流が無かったのですが、今後は少し交流していきたいと思いました。
皆さんもそれに備えて、中国語の勉強を始めてください。

Img_20180811_150850 左から張茂清先生、後藤、李斌先生
Img_20180811_191635_2 宴会で

« 武器研究会(2018年10月) | トップページ | 恵比寿教室練習日記(2018年8月24日) »

5.後藤先生のブログ」カテゴリの記事

7.イベント予定と報告」カテゴリの記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ