« 恵比寿教室練習日記(2018年9月28日) | トップページ | 武器研究会(2018年11月・12月) »

2018年10月 5日 (金)

創立35周年記念表演会

9月23日(日)の一日練習会および日本孫氏太極拳研究会創立35周年記念表演会について、山本さんがすでにこのブログに書いてくれています。

補足の意味で少し書いてみます。

1983年10月、北京孫式太極拳研究会が創立され、それを受けて同年12月5日付で日本孫式太極拳研究会を発足させました。

孫剣雲老師を日本に招聘したのは、その2年後の1985年、後藤が孫剣雲老師に拝師したのがその翌年です。

それから、細々とではありますが研究会を続けてこられたことは感慨深いものがあります。
5年前には創立30周年記念交流会も開催できました。

これらはみな会員の皆さんの努力の結果と、嬉しく思っています。

今回の表演会は、昨年4月の合宿時に「35周年と孫剣雲老師没後15周年記念を兼ねて表演会をやろうか」と後藤が言い出し、その場で実行委員会を作って準備を始めてもらいました。もっと言うと、孫禄堂先生没後85周年でもあります。

今回のコンセプトは、皆さんに人前で平常心を保って表演してもらうこと、できるだけ多くの会員に経験してもらうことでした。

30周年では負担が多きかったことから、今回は内輪の大会としました。

実行委員の方々と、お手伝いしていただいた会員、参加した会員の方々のおかげで、とても良い表演会になったと思います。

外部の団体は招待しませんでしたが、私のお友達やその一門の方々がお出でくださって、いっそう皆さんの励みになったのではないかと思います。
ありがとうございました。

皆さん、それぞれ思うところがあったと思います。
大事なことは、平常心を保って表演できたか、他の人の表演をきちんと観て自分の参考にできたか、自分の表演の動画も観て、検証することです。

私も皆さんの表演をまとめて観る機会は多くないので、たいへん参考になりました。これからの稽古で、おいおい反映していきたいと思います。

最後に弟子の方々からの贈り物があったのはとても驚きましたが、嬉しいことでした。

今年は私の師兄たちの来日もあり、何かのきっかけになりそうな年だったと思います(まだ4分の1ありますが)。

これからも皆さん(もちろん私も)精進していきましょう!

Dscf1340

« 恵比寿教室練習日記(2018年9月28日) | トップページ | 武器研究会(2018年11月・12月) »

5.後藤先生のブログ」カテゴリの記事

7.イベント予定と報告」カテゴリの記事

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ