« 新年のご挨拶 | トップページ | 自分練習日記 »

2019年1月 8日 (火)

恵比寿教室練習日記(2019年1月4日)

先週1月4日(金)の恵比寿教室日記です。
前日の葛飾教室はお休みだったので、当日は恵比寿教室のみならず、会全体の稽古始めでした。
ただ、先週の稽古(稽古納め)から休みの週を挟んでいないこともあってか、参加者は先生含め12名とそこそこでした。

私は年始で早めに到着したので、全員での太極拳タイムから参加しました。年末年始は体調を崩し気味だったので、適度に休みつつ、自由稽古になってからの前半は軽めに五行拳などをやりました。中盤は外部の講座で学んだ内容を参考に、先生やほかの方々と太極拳の崩しのような練習をしました。後半は他の方々と安身炮を稽古しました。

安身炮の動作手順は一通り覚えましたが、改めて先生の説明をうかがい、「甲が乙の肘関節を押さえたままにすると乙の次の動作で腕が極められてしまうので、甲は乙が肘を曲げ始めたら押さえるのはやめて次の掌打を打たざるを得ない」…といった結構細かいこの套路の攻防の流れがいまいち再現できていないことも分かり、勉強になりました。

■最近の三体式
三体式は日々稽古していますが、例によって、1つが改善すると1つまた別の課題が出現するようで、試行錯誤の連続です。今回の指摘事項であり、最近個人的な問題意識としてもにわかに浮上しているのが胸の緊張です。
あくまで個人の主観ですが、胸が緊張していると、なんとなく窮屈というか健康に良くない感じがしており、また、劈拳などを打つときも途中で動きが途切れて威力がかなり減衰する…ような気がしています。

私の場合、何も意識しないと、猫背になったりみぞおちをすぼめたりしがちなので、三体式では「胸を張るくらいの意識」が必要となりますが、かといって、実際に胸を張って緊張するのはNGなので、「胸を含む」意識も多少残しつつ、うまいことバランスを取らねばならないようです。
先生からは胸部と背面を両方流すようにしたらどうか…というアドバイスをいただいたので、それらもヒントに探索しようと思います。

そんなこんなで、年始から色々稽古課題が発見されていますが、適度なリラックスを模索しつつ今年も稽古に励みたいと思います。

<<K野>>

« 新年のご挨拶 | トップページ | 自分練習日記 »

6.練習日記」カテゴリの記事

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ