« 教室と自主練について | トップページ | 恵比寿教室(2019年2月~5月) »

2019年2月17日 (日)

恵比寿教室練習日記(2019年2月15日)

2月15日(金)の恵比寿教室日記です。
先生はお休みでしたが、10名が参加されました。

比較的拳歴の短い方も熱心に参加し、助教の方々が太極拳、八卦掌を中心に、色々な形のサポートをされていました。後半は雪片刀の練習サポートや、ユニークな補助練功法(尻歩き?)などの紹介もされていたようです。

私はやや遅れて到着したので、三体式を行ったのち五行拳を少し行い、その後生剋拳と推手をやりました。今回も新たな崩され方を体験し、たいへん勉強になりました。

個人的には最近は劈拳を重点的に稽古しています。
私の場合、特に左足重心の時、拳を打つときに上体が前のめりになって力が流れたり、掌を打ち出すときの掌の返しが中途半端になったりしやすく、その状態で無理に強く打とうとするとバランスが大抵崩壊するため、意識的に少しゆっくりめに打ったりもしています。

劈拳では拳や掌を打ち出す時に色々な動き・要素を一致させる必要があり、改めて精妙さ、難しさを実感します。それにしても、劈拳も含めた形意拳を数年くらいの練習で使いこなせるようになったという(練習時間、対人経験の密度などに圧倒的な差があると思いますが、それを抜きにしても…)往時の達人たちは本当に凄いものだと思います。

<<K野>>

« 教室と自主練について | トップページ | 恵比寿教室(2019年2月~5月) »

6.練習日記」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ