« ブログ紹介「小狐は尾を濡らすか?」 | トップページ | かつしか教室練習日記(2019年7月18日) »

2019年7月10日 (水)

恵比寿教室練習日記(2019年7月5日)

前回7/5(金)の恵比寿教室練習日記です。
当日の参加者は推定13名となかなかの盛況でした。

私は三体式の時間から参加し、前半は劈拳と十二形拳をやりました。
しばらく前、劈拳のいくつかの重大な修正点が発覚したので、以降、重点的に練習中です。
私の場合、拳を打ち出すときの重心移動、足の接地の仕方(踵から接地…)、背中の状態(腰が反らないように…)…などが主な課題のようです。一度ついた癖の修正はなかなか大変です。

その後は太極拳を学習中の方と一緒に太極拳を練習しました。
すると成り行き上、個別の動作についてもアドバイスさせて頂くことになりますが、説明していると、普段無意識に動いている分、これで良かったのか急激に自信がなくなってきます。
今回は後で先生の説明と照らし合わせてみると、あまり間違っていなかったようで安心しました。この動きを他の人に説明するとしたら…と考えると、先生の説明も自分が覚えようとしていた時と違った視点で聞ける気がします。

練習終盤は推手をやりました。
個人的には、最近は相手との接点のぶつかりを減らすことを意識しています。自分が推すときだけでなく、推されるときも「ぶつかっている」箇所は相手にとって崩しポイントや力でも対抗できるポイントになってしまうようです。ぶつかってはいけない…とは、推手を習い始めたときから思っているはずなのですが、なかなか実現は容易でないものです。

教室全体としては、前半は先月に引き続き八卦剣の練習が行われていました。五行拳に集中し、次に気が付いた時には何故か中国武術風のスクワットが行われていたので、私も遠くから見ながらちょっとやってみました。

そして、太極拳の最中、再度様子を見ると、今度は先生を中心に開脚しながらのストレッチ…のような練習が行われていました。先生や何名かの方は苦も無く180度近く足を開いています。開脚で90度くらいしか足が開かない私にとっては幻のような光景です…。
その後推手の最中にまた様子を確認すると、今度は打って変わって八卦掌的な崩しの実演が行われていました。いつも以上に稽古バリエーションの豊かさを感じる練習風景でした。

<<K野>>

« ブログ紹介「小狐は尾を濡らすか?」 | トップページ | かつしか教室練習日記(2019年7月18日) »

6.練習日記」カテゴリの記事

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ