« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月13日 (日)

自主練習会(in恵比寿)練習日記(2019年10月11日)

10/11(金)の恵比寿での自主練習会の練習日記です。
通常の恵比寿教室の開催予定日でしたが、先生がお休みだったこともあり、自主練習会となりました。翌日に台風接近を控えた状況ということもあってか、参加者は8名でした。


スペースが比較的広く使えたこともあり、普段あまりやらない「飛九宮(…という名前だと思います)」という練習も行いました。これは孫禄堂先生の著「拳意述真」に記されている練習法で、地面に8-9本の棒(今回は体育室のポールを活用)を立て、棒と棒の間を所定の順番で巡るというものです。

若干複雑な順番のため、ゆっくりめに歩いても歩法の鍛錬になると思われるほか、素早く移動したり、棒を仮想敵に見立てて攻撃しながら動いたりと、様々なバリエーションがありうる面白い練習です。取り組んだ方々も武器を持って行ったり、様々なバリエーションを試されていました。

ひとりずつやっていると他の人は手持ち無沙汰なので、複数人同時にやったりしましたが、かなり棒と棒との幅が狭いにもかかわらず、取り組んだ方々の練度もあってか、人同士がぶつかったり、足を止めることなく練習が成立しました。


それ以外の時間は、それぞれが自分のテーマに応じて套路や推手、武器等の練習をしました。私は八卦掌の練習に部分的に参加した後、形意拳を主に練習しました。

私は最近、十二形拳の馬や虎などがあまりしっくり来ない感じがしていたので、主にその2つの套路をテーマに、まず移動せず腕の動作部分だけを思い切り行い、その打撃の勢いをできるだけ保持したまま、移動付きの本来の套路を行おうとする、という二段構えで練習してみました。

結果、これまで何となく私がやっていた動作では大して威力がなさそうだという実感と、若干の改善のヒントを得た…ような気がしました。最近、十二形拳は練習頻度が下がり気味でしたが、マンネリ化しないよう適度に工夫を重ねつつ練習せねばと思うところです。

<<K野>>

2019年10月 5日 (土)

かつしか教室練習日記(2019年10月3日)

10/3(木)のかつしか教室練習日記です。
かつしか教室には私は久々に参加しました。


当日は見学の方が1名来られましたが、参加者数は先生と見学の方を含め全4名という少数精鋭体制だったため、賑やかし要員(?)という意味でも私は当日参加して良かったと思いました。私ももう少し葛飾の参加頻度を上げたいところです。


もっともその分、練習スペースは大変潤沢に使えたため、私は三体式の後、普段の恵比寿教室では人口密度が気になってあまり練習できていない八卦掌を集中的に練習しました。


その後はSさんと一緒に形意拳套路の八式拳をやりました。
先日の演武対策として、似た構成の雑式錘と動作が紛れないよう、最近は八式拳をあまり練習していなかったので、少々記憶が不安でしたが、さすがに忘却はしていませんでした。
しかし、もともと意識が通っておらずアバウトになっていた箇所も比較的あり、先生のご指摘を受け修正しました。


見学者の方も三体式、太極拳套路の冒頭を体験され、入会されることになりました。
ちなみに翌10/4(金)の恵比寿教室でもおひとり入会されたので、比較的マイナー…と言えないこともないかもしれない本研究会としては大変喜ばしい限りであります。

これも縁ということで、どんな形にせよ、稽古の中に楽しみや興味の対象を見つけつつ続けて頂けたら良いなあ、と思いました。

<<K野>>

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ