« 武器研究会(2020年3月・5月) | トップページ | 恵比寿教室(2020年4月・5月) »

2020年2月23日 (日)

恵比寿教室練習日記(2019年2月21日)

前回2/21(金)の恵比寿教室練習日記です。
当日の参加者は先生含め14名でした。私は三体式終了のタイミングから参加しました。

 

先日から恵比寿教室は新たな進め方を模索中のようで、今回は全員での三体式終了後、希望者全員が形意拳の五行拳を行い、先生に動作を確認いただくという流れで進みました。
合宿や講習会でも一度に同じ練習をするのは数名ということも多いので、10名近くの参加者が列になって五行拳を行う風景は中々壮観でした。例によって、私も動作の表現があいまいになっていた部分があったので、冷や汗をかきつつ自己修正しました。

 

続いて八卦掌を行う方7、8名で集まって練習しました。他の方々は形意拳や推手などの練習をされていたようです。
私はOさんと一緒に八卦掌2つ目の型である双換掌を復習したほか、新たに麒形(八卦掌4つ目の麒麟の型。返身掌ともいうようです)を習いました。

おおよその動作手順は理解しましたが、独特の動きに若干混乱をきたしたので、自主練で感覚をつかみたいところです。この套路を先生や他の方々が行っている様子は過去に幾度となく見ているので、すぐ覚えられそうなものですが、やはり見るのとやるのでは違うものです…。

 

最後に推手をやりました。教室を休んだりしたので推手は約1か月ぶりです。前回と同様、追い込まれた時に手首に力が入りがちな課題が見えてきました。とはいえ、単に手首を脱力するとそのまま押し込まれるだけなので、形を守りつつも、意識の使い方や、腕を使う時の身体各部位の連動といった工夫が必要そうです。
成長につながる課題を得られるのはありがたい限りであります。課題やテーマを見つけながらの自分の稽古は、着実に進めていきたいところです。

<<K野>>

« 武器研究会(2020年3月・5月) | トップページ | 恵比寿教室(2020年4月・5月) »

6.練習日記」カテゴリの記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ