« 【私の武術慢歩】 太極拳に出会う | トップページ | 【私の武術慢歩】 第二次太極拳学習訪中団 »

2020年5月23日 (土)

【私の武術慢歩】 日本太極拳協会で太極拳を習う

いよいよ太極拳を習うことになった。
 
 これから先、昔のこととて記憶が怪しい。特に時系列があやふやである。今調べられることは極力調べたいとは思っているが、誤りや情報不足は避けられないだろう。訂正、追加情報をお寄せいただければありがたい。

 当時、日本太極拳協会では簡化二十四式太極拳を主に教えていた。
 この太極拳は、中華人民共和国が成立して、毛沢東が「人民体育向上のために」と国家体育委員会に命じて作らせたという。中心になったのは李天驥師だと聞いた。李天驥師の父君は李玉琳師で、孫禄堂先生の弟子だったというのを知るのは後のことだ。

 簡化太極拳は、楊式太極拳の型(套路と言うのだと教わった)を一般の人がやりやすいように短く簡単にしたもので、24の動作(技)がある。それをいくつかずつ分解して教えてもらうのだが、動きがゆっくりなので運動神経の鈍い私でも見た通り言われたとおりに動くことができる。やっているうちに面白くなり、やめられなくなってしまった。

 協会では他に、楊式太極拳を套路の順番はそのままに動作だけ簡略にした八十八式太極拳をやっていて、楊澄甫先生の八十五式をベースにしたものである。当時楊式太極拳というと、それしかないと思っていた。
 推手もやっていて、平円、立円の単推手と双推手があった。最初から活歩があったかは定かでない。

 断片的に聞いたことをまとめると、数年前、たぶん日中国交正常化の直後ぐらいと思うが、日本武道と中国武術の交流代表団が北京に行っていて、そこで習ってきた太極拳を武道館で教え始めたということのようである。日本太極拳協会ではこの代表団を第一次太極拳学習訪中団と位置付けていた。
 私が入会したころは第一次訪中団のメンバーが結構いたようだが、日が経つにつれ、だんだん少なくなっていった。

 日中国交正常化とは、日本国と中華人民共和国が日中共同声明により国交を結んだもので、1972年9月の北京で田中角栄、周恩来両首相が署名して調印された。
 1971年にピンポン外交をきっかけに米ニクソン大統領が訪中して国交を開いたが、日本では「頭越し外交」として話題になった。そこからの必然の流だったであろう。

 李自力著『日中太極拳交流史』46ページによると、古井美実氏が二度目の訪中時に簡化二十四式太極拳の図解テキストをもらったのが始まりで、1969年に日本太極拳協会を設立し会長となったとある。古井氏とともに日中国交回復に貢献した岡崎嘉平太氏の名前も当時の協会で耳にした。

 しかし本格的な太極拳の指導が行われるようになったのは、やはりこの第一次訪中団からではないだろうか。当時の太極拳の指導は、立身中正などの正しい姿勢、放鬆、視線や意識の置き方など、今の私から見てもきちんとしたものだったと思う。

 楽しく通っていて、翌年の夏には手足の冷えも気にならなくなっていた。一年も経たないうちに、いつの間にか教える側になっていた。

 協会の話はいろいろあるが、次回はとりあえず中国へ行ってみようか。



« 【私の武術慢歩】 太極拳に出会う | トップページ | 【私の武術慢歩】 第二次太極拳学習訪中団 »

5.後藤先生のブログ」カテゴリの記事

私の武術慢歩」カテゴリの記事

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ