« 【私の武術慢歩】 悠久の都、西安 | トップページ | 【私の武術慢歩】 上海での訓練 »

2020年7月25日 (土)

【私の武術慢歩】 魔都?、上海

 16日。朝体をほぐしてから革命公園へ。太極拳や少年たちの基本長拳を見る。

 鐘楼、西安空港、小雁塔をめぐり、ホテルに戻って昼食をとり、再び空港へ。13時半に離陸し、鄭州、南京を経て19時20分上海に到着した。

 空港でかなり待ったあと、21時近くになってようやく宿泊する上海大厦にたどり着く。

 上海大厦は1935年に外灘(バンド)の北部に建てられた上海のシンボル的なホテルである。外白渡橋の先にあって、外灘や黄浦江を一望できる。上海租界時代に「中国人と犬、入るべからず」という看板があったという黄浦公園は、この外白渡橋を渡ってすぐのところにある。

 

 夕食、風呂の後、団長の部屋でミーティングが始まったときは22時半になっていた。団長からの注意は以下のようなものであった。

 技術面では、基本功をやれるところまでやる。八十八式太極拳を帰国してから見せても恥ずかしくないようにせよ。
 精神面では、我々の中国の基本認識、日中友好、日本―中国の問題をキチンと総括せよ。と、こんな感じだった。まあそういう時代だったということだ。

 この時のメモに、「我愛北京天安門」「大海航行靠舵手」という歌の歌詞が書いてある。この頃は毛沢東が政敵を倒し権威を高めるために文革を推し進めていて、ほとんど個人崇拝になっていたのはこうした歌からもうかがえるのだが、当時はそんなことは思ってもみなかった。中国は多くの日本人にとって憧れの国だったのである。

 

 翌日17日朝6時、黄浦公園へ行く。

 9時から秘書長がスケジュールの打ち合わせをし、9時半に発表。

 10時に出発し、上海市内遊覧、上海市第一百貨商店で買い物。

 ホテルに戻って昼食、昼寝の後、訓練交流ということで上海市南市区体育館へ。「熱烈歓迎日本太極拳代表団」の大きな看板があり驚いた。

 

 体育館には、中華全国体育総会上海分会副分会長の吉嘉先生をはじめ、傅鐘文老師、顧留馨老師、周元竜老師、馮如竜老師、播錦生老師、洪雯雯老師など、錚々たるメンバーが揃っていた。
 傅鐘文老師は楊式太極拳の創始者楊露禅の孫・楊澄甫先生の娘婿で、楊式太極拳の継承者である。顧留馨老師は楊澄甫先生の弟子だ。

 

 最初に我々が八十八式太極拳をお見せして、そのあと上海の6人の老師が表演してくれる。北京とはだいぶ趣が違う気がする。

 周元竜老師が我々一人ずつに老師を付けてくれる。私の老師は丁金友老師である。上海業余体育学校の教練で39歳だそうだ。

 丁老師に八十八式太極拳を見ていただく。お尻が出る、胸を張っている、肘が上がるなど、基本的な所を直される。手(上半身)と足(下半身)の動きを一致させるようにとのことであった。

 小島さんは主に長拳系の基本功を習っている。

 

 明日から本格的に訓練が始まる。半日訓練、半日参観のスケジュールだ。

 思えば、当初の予定通りなら今日帰国していたはずだ。なんだか妙な気分である。

 ともあれ、上海での活動はまだまだ続く。

 

 

« 【私の武術慢歩】 悠久の都、西安 | トップページ | 【私の武術慢歩】 上海での訓練 »

5.後藤先生のブログ」カテゴリの記事

私の武術慢歩」カテゴリの記事

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ