« 【私の武術慢歩】 革命の聖地・延安 | トップページ | 【私の武術慢歩】 悠久の都、西安 »

2020年7月14日 (火)

恵比寿教室練習日記(2020年7月10日)

前回7/10(金)の恵比寿教室練習日記です。
恵比寿教室は前週7/3からの再開でしたが、当日の参加者は先生含め8名となかなかの盛況でした。

 

当日の会場でこの人数だと、ソーシャルディスタンスは何とか維持可能というところです。
コロナ禍以前、この部屋では時に十数名が一緒に稽古していたわけですが、当時の人口密度の高さを実感させられます。

そのため、当日私は距離を意識しつつ、五行拳、一部の十二形拳、最近少し進んだ八卦掌定歩などをコンパクトに練習しました。他の方々は五行拳や形意拳の蛇形、八卦掌変掌などを練習されていました。


そして、先生のご指摘により、私の崩拳はまた妙な挙動になっていることが判明しました。
主な課題は肘の落としが足りていない点のようです。崩拳は一見すると、拳を突き出しながら前進しているだけの単純そうな型ですが、気を付けるべき点は多く、私には劈拳と並んで難しく感じられます。

自分の動作というものは、気を付けているつもりでも、いつの間にか無意識に変化しているようで、ともかく何度でも動作を再度意識化して少しずつでも正しい方向に修正していくしかなさそうです。後日太極拳などを練習していたら、肘の落ちや手の形は崩拳以外の套路でも結構曖昧な気がしてきたので、これを機に見直そうと思いました。

 

柔軟な対応も兵法のうち…ということで、今後も状況に適切に対処しながら稽古を続けていきたいと思います。

 

<<K野>>

« 【私の武術慢歩】 革命の聖地・延安 | トップページ | 【私の武術慢歩】 悠久の都、西安 »

6.練習日記」カテゴリの記事

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ