« 武器研究会(2024年1月) | トップページ | かつしか教室(2024年1月) »

2023年11月26日 (日)

恵比寿教室練習日記(2023年11月24日)

前回11/24の恵比寿教室練習日記です。
参加者は先生含め7名でした。

 

当日の参加者は稽古歴が長い方ばかりということもあってか、全員で三体式を行った後は、四正推手、太極剣対練など、対人の套路の練習が主に行われました。
私自身も四正推手と形意拳対練の生剋拳を主に行いました。

 

私は当日背中の右側が妙に緊張しており(最近、家事の量が増えたためでしょうか…)、いずれの套路でも右腕を使う動作はやはり反応が鈍っていると感じました。
具体的には、何となく正面からの推しを受けにくかったり、横に流された時も自分の腕と胴体が一塊になっているような感じでバランスが崩れやすかったりします。

稽古で緊張しない方が良いのは当然として、何かしらの事情で緊張が解けない場合も、焦ったり欲張らずに相手の動きについていったり、動かせる別の部位を活かしたりしつつ、姿勢を保ち続けることが重要と感じました。

途中、先生が「ひとりで行う四正推手」の動作を紹介されていました。
私もコロナ禍で対人の推手が行えなかった時以来、勘が鈍らないようにとたまに行っていたのですが、先生の動きと比べると何となく動作全体が大雑把な気がしたので、雰囲気レベルのこういった違いが重要かもしれないと思いました。

 

最近は冬本番という感じの寒さとなってきましたが、体調に気を付けつつ稽古に励みたいところです。

« 武器研究会(2024年1月) | トップページ | かつしか教室(2024年1月) »

6.練習日記」カテゴリの記事

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ